javascriptの配列、オブジェクト(連想配列)の作成

javascriptで配列やオブジェクト(連想配列)を新規作成する。

作成日:2017-12-14, 更新日:2017-12-14

基本

省略形のほうをよく忘れる。

配列

空の配列作成
var ary = new Array();
// var ary = []; // ←省略形。以降は、こっちの省略形で記載
値ありの配列作成
var ary = [〇〇〇, 〇〇〇];
// var ary = new Array(〇〇〇, 〇〇〇); // ←省略形じゃないほう。
値ありの多重配列作成
var ary = [
   [〇〇〇, 〇〇〇], 
   [〇〇〇, 〇〇〇]
];
配列に追加
var ary = [];
ary.push(〇〇〇); // 配列の最後に追加
// ary[〇〇〇] = 〇〇〇; // ←インデックス番号指定して追加してもOK

オブジェクト(連想配列)

空のオブジェクト(連想配列)作成
var ary = {};
値ありのオブジェクト(連想配列)作成
var obj = ({
  〇〇〇:〇〇〇,
  〇〇〇:〇〇〇,
});
オブジェクト(連想配列)に追加
var obj = {};
obj.〇〇〇 = 〇〇〇;
// obj[〇〇〇] = 〇〇〇; // ←これでもOK
オブジェクト(連想配列)に追加:キーが変数
var key = 'zebra';
var obj = {};
obj[key] = 〇〇〇;
// obj.key = 〇〇〇; // ←これはダメ。「key」は「変数」じゃなく「文字列」として扱われる。
// obj['key'] = 〇〇〇; // ←上記と同様の理由でこれもダメ。