larabel classやヘルパーが「not found」や「not exist」とか出てくる

helpersとかで困ったら・・・ひとまず「composer dump-autoload」をやっとけば良さげ。

作成日:2019-06-10, 更新日:2019-09-28

経緯

・Xamppで作成
・サーバにup
→classやヘルパーが「not found」や「not exist」が出てきた。

対策・確認

1.所定の場所に各ファイルがいるコトをチェック
2.classやヘルパー名が大文字が始まっているかチェック
3.「composer dump-autoload」の実行

所定の場所に各ファイルがいるコトをチェック

これが原因ならラク・・・。

ファイルが無ければファイルを置けばOK。

classやヘルパー名が大文字で始まっているかチェック

Larvelの「artisan」で各ファイルを作っているなら多分気にする必要は無いと思う。
違うなら大文字で始まっているか確認。
※呼び出すときも大文字で。

「composer dump-autoload」の実行

ヘルパーを追加したときも必要っぽい。

▼コンソールから「/src/composer.json」のディレクトリにカレントを移して、下記実行

# composer dump-autoload

composer update

「dump-autoload」じゃなく「update」でも良いらしい

composer update

※「dump-autoload」でダメなときは「composer.lock」を削除して「update」をすると良いとか