Thunderbirdのフィルタのインポート・エクスポート

2012/09/26
Thunderbirdのアドオンに「Thunderbird Message Filter Import/Export」というものがあるのでコレを使う。

流れ

元になるアドオンの入手

  1. googleなりで、「Thunderbird Message Filter Import/Export」を検索して、ダウンロード(対象となるThunderbirdのバージョンを確認する必要あり)

メッセージフィルタのエクスポート

  1. メッセージフィルタをエクスポートしたいThunderbirdで「ツール→アドオン」
  2. 「拡張機能」をクリックして、ダウンロードしたアドオンのファイルをドラッグ・ドロップ
  3. Thunderbirdが再起動されたら、「ツール→メッセージフィルタ」
  4. 「フィルタを書き出す」というボタンが追加されるのでクリックして保存

メッセージフィルタのインポート

  1. メッセージフィルタをインポートしたいThunderbirdで「ツール→アドオン」
  2. 「拡張機能」をクリックして、ダウンロードしたアドオンのファイルをドラッグ・ドロップ
  3. Thunderbirdが再起動されたら、「ツール→フィルタを読み込む」
  4. アカウントを選択して、ファイルをインポートしたファイルを読み込む
  5. インポートした内容を一通り確認して、終わり

新着(ニュース関連以外)

2016-04-26
特定のページだけ別のCSSファイルを追加読み込ませたいが競合していたので、その対処。
2016-04-12
複数の条件を満たしているレコードをグループ化して、件数を取得したい。
2016-04-12
mySQLでgroup byした上でcount()したいけど、結果が不思議なことになっている。
2016-03-23
データベースからレコードを取得して出力する際、親子関係の情報も出力したいけど、その際の処理について。
2016-01-21
FuelPHPで$_SESSIONが見れない。