Thunderbirdのフィルタのインポート・エクスポート

2012/09/26
Thunderbirdのアドオンに「Thunderbird Message Filter Import/Export」というものがあるのでコレを使う。

流れ

元になるアドオンの入手

  1. googleなりで、「Thunderbird Message Filter Import/Export」を検索して、ダウンロード(対象となるThunderbirdのバージョンを確認する必要あり)

メッセージフィルタのエクスポート

  1. メッセージフィルタをエクスポートしたいThunderbirdで「ツール→アドオン」
  2. 「拡張機能」をクリックして、ダウンロードしたアドオンのファイルをドラッグ・ドロップ
  3. Thunderbirdが再起動されたら、「ツール→メッセージフィルタ」
  4. 「フィルタを書き出す」というボタンが追加されるのでクリックして保存

メッセージフィルタのインポート

  1. メッセージフィルタをインポートしたいThunderbirdで「ツール→アドオン」
  2. 「拡張機能」をクリックして、ダウンロードしたアドオンのファイルをドラッグ・ドロップ
  3. Thunderbirdが再起動されたら、「ツール→フィルタを読み込む」
  4. アカウントを選択して、ファイルをインポートしたファイルを読み込む
  5. インポートした内容を一通り確認して、終わり

新着(ニュース関連以外)

2016-07-02
phpの一つのファイルでHTMLとJSの両方を出力してたときは問題なかったけどJSファイルを別にすると変数が渡せない。その代案。
2016-07-01
登録フォームの「投稿→確認」の間での入力チェック・エラー表示が悩ましい。
2016-06-05
ハッシュと暗号化の違いについて調べてみた。
2016-05-16
MT(movable type)のログインパスワードが分からない。DBにアクセスできるのでパスワードを強制上書きする。
2016-05-16
運用中のMT(movable type)をXAMPP環境に移行しようとしたら「couldn't create child process: 720002: mt.cgi」というエラーがでてきた。