Thunderbirdのフィルタのインポート・エクスポート

2012/09/26
Thunderbirdのアドオンに「Thunderbird Message Filter Import/Export」というものがあるのでコレを使う。

流れ

元になるアドオンの入手

  1. googleなりで、「Thunderbird Message Filter Import/Export」を検索して、ダウンロード(対象となるThunderbirdのバージョンを確認する必要あり)

メッセージフィルタのエクスポート

  1. メッセージフィルタをエクスポートしたいThunderbirdで「ツール→アドオン」
  2. 「拡張機能」をクリックして、ダウンロードしたアドオンのファイルをドラッグ・ドロップ
  3. Thunderbirdが再起動されたら、「ツール→メッセージフィルタ」
  4. 「フィルタを書き出す」というボタンが追加されるのでクリックして保存

メッセージフィルタのインポート

  1. メッセージフィルタをインポートしたいThunderbirdで「ツール→アドオン」
  2. 「拡張機能」をクリックして、ダウンロードしたアドオンのファイルをドラッグ・ドロップ
  3. Thunderbirdが再起動されたら、「ツール→フィルタを読み込む」
  4. アカウントを選択して、ファイルをインポートしたファイルを読み込む
  5. インポートした内容を一通り確認して、終わり

新着(ニュース関連以外)

2014-08-31
PHPのtry-catchの例外って自発的にしてあげるものなんだね。
2014-08-31
WPのアーカイブでの次・前と単一ページでの次・前で表示される日付に一貫性が無い。
2014-08-31
liタグの中の画像で上下に隙間ができる。marginやpaddingでも無いときの対処法。
2014-07-31
FulePHPのユーザー登録でemailやusaenameの重複エラーが英語になるので日本語にする。
2014-07-31
FuelPHPのsimpleauthでアカウントの権限について調べていたら「Moderators」ってのが出てきた。

タグ

Air analytics apijavascript ASP.NET MVC CMD continueとbreak CrenaHtml2jpg cURL c言語 EXCEL explain Facebook flexとDBの連携 flexとPHPの連携 flexのイベント関連 FuelPHP google htaccess IE Image_Graph MeCab MediaWiki Net_Whois OpenOffice Paypal PDF PDO PEAR Simple HTML DOM Parser SQLite svn Trac wpプラグイン XAMPP ZohoCRM まとめ オブジェクト指向 クラスカル・ウォリス検定 セキュリティ ツール ドネーション 乱数 型変換 画像認証 配列