FuelPHP 開発・公開環境の切替え

2014/01/30

FuelPHPで開発・公開環境の切替えたい。

気になるのは公開後の修正について。
「fuel/app/bootstrap.php」で環境を切り替えることができるといっても公開しているヤツを「開発」にするわけにもいかない。

諸々を考える前にフォルダ構成を見ておく。
FuelPHPフォルダに「fuel」「public」というのがある。
「DOCS」とかはドキュメントだから…どうでも良いや。

・「fuel」の中にはFuelPHPのプログラム本体やviewやmodelなどがいる。
・「public」はブラウザで叩くファイル。

例えば「public」を「hoge」という名前にしてupすると「http://○○○/hoge/」というURLになる。
アクセスすると「fuel」の中のviewやmodelを読む感じ。

構成

すべて自己責任。

諸々を考えると下記のような構成が望ましいのか?

公開用として「公開用サーバ/fuel、公開用サーバ/public」
公開する前の最終確認用として「公開用サーバ/fuel2、公開用サーバ/public2」
開発・修正用として「開発用サーバ/fuel、開発用サーバ/public」

修正後は「開発用サーバ/fuel/app/classes」「開発用サーバ/fuel/app/views」を公開用のトコに上書き。

.htaccessの記述

「公開用サーバ/public/.htaccess」には「SetEnv FUEL_ENV production」
「公開用サーバ/public2/.htaccess」には「SetEnv FUEL_ENV staging」
「開発用サーバ/public/.htaccess」には「SetEnv FUEL_ENV development」

…なんか気持ち悪いけど思いつくのはこんな感じか。

新着(ニュース関連以外)

2017-11-09
PCでプッシュ通知ってのをしたい。
2017-11-06
PHPのバージョンを上げたらwikiが壊れたっぽい。
2017-08-03
formのinputでmaxlengthを使うとFirefoxでバグってた。他のブラウザでも気づかずにバグってたかもしれない。
2017-07-19
折れ線グラフをもう少しゆるやかに・・・というか何というか・・・調べていくと「移動平均」っていう言葉にたどり着いた
2017-07-10
FuelPHPの1.8をダウンロードして使っていたらセッションが使えないということに気付いた。