Trac ユーザー追加と権限

2011/06/30

Tracにユーザー追加をしてみる。

ユーザー追加で必要な作業

ログイン時に使うユーザー名とパスワードの設定
Tracでの権限の設定

基本的に上記の2つ。

Tracで使うユーザーのパスワードの設定

2人目以降のユーザー追加

「-c」はつけない。

$ sudo htpasswd /var/trac/.htpasswd [ユーザー名]

以前のパスワードとか全削除

「-c」をつけると「.htpasswd」を新たに作成となる。

$ sudo htpasswd -c /var/trac/.htpasswd [ユーザー名]

デフォルトの権限だけで良いならこれでOK

権限について

作ったユーザーにはいくつか権限が予め付与されている。
これは削除ができないっぽい。

ログインしていない人(anonymous)のデフォルトの権限

ユーザー名が「anonymous」ってヤツの権限

BROWSER_VIEW
CHANGESET_VIEW
FILE_VIEW
LOG_VIEW
MILESTONE_VIEW
REPORT_SQL_VIEW
REPORT_VIEW
ROADMAP_VIEW
SEARCH_VIEW
TICKET_VIEW
TIMELINE_VIEW
WIKI_VIEW

ログインした人(authenticated)のデフォルトの権限

ユーザー名が「authenticated」ってヤツの権限

TICKET_CREATE
TICKET_MODIFY
WIKI_CREATE
WIKI_MODIFY

※上記に追加で「anonymous」の持つ権限。

新たに作成したユーザーの権限

「authenticated」の持つ権限。

特定のユーザーから権限の一部剥奪

「authenticated」の持つ権限の一部を剥奪することは無理。
※別途追加した権限の剥奪は可能。

どうしても剥奪する場合は「anonymous」や「authenticated」から権限を剥奪。
他のユーザー用に別途、権限を付与する。

Tracで使うユーザーの権限の確認

$ sudo trac-admin /var/www/trac/repository permission list [ユーザー名]

Tracで使うユーザーの権限の追加

$ sudo trac-admin /var/www/trac/repository permission add [ユーザー名] [内容]

Tracで使うユーザーの権限の剥奪

$ sudo trac-admin /var/www/trac/repository permission remove [ユーザー名] [内容]

参考

ブラウザの「admin:Permissions」の画面
Permissionsのページに日本語訳を追記

新着(ニュース関連以外)

2017-11-09
PCでプッシュ通知ってのをしたい。
2017-11-06
PHPのバージョンを上げたらwikiが壊れたっぽい。
2017-08-03
formのinputでmaxlengthを使うとFirefoxでバグってた。他のブラウザでも気づかずにバグってたかもしれない。
2017-07-19
折れ線グラフをもう少しゆるやかに・・・というか何というか・・・調べていくと「移動平均」っていう言葉にたどり着いた
2017-07-10
FuelPHPの1.8をダウンロードして使っていたらセッションが使えないということに気付いた。